お世話になった部屋を引っ越す前に現状復帰の業者に依頼しよう

ヘルメットを持つ人

負担区分を明確にする

賃貸物件の現状回復の範囲について、賃貸人と賃借人で負担区分を明確にしておくことが大切です。通常の生活における損耗分や経過年数による劣化分は賃貸人が負担することになりますので、その区分を明確にすることで現状回復がスムーズになります。

建物を元に戻す業者を知る

作業員

義務に従って利用する

オフィスや店舗を借りるときには退去することも考えた契約書がもらえます。これに現状復帰することが約束されている場合工事を行わないとだめです。建物の壁や天井を借りた時の状態に戻すための作業で、特殊な工事が必要になります。普通の人では工事できないので現状復帰業者を利用するのです。範囲は小さいものから大きな店舗まで対応します。仕切り壁も破壊してキレイな状態に戻してくれるうえに換気設備や複雑なものにも対応してくれるのです。工事する時に近隣に騒音が発生することもあるでしょう。こういうときにも復帰業者は対応してくれるメリットがあります。トラブルが起こらないように近隣に事情説明をしてから工事をしてくれるため快適な工事ができるのです。

全体の流れ

工事を依頼するときの流れを知っておくと便利です。まず現状復帰工事してくれる会社に問い合わせをして依頼をします。この時に重要になるのが今いる店舗の状態で広さや間取り、賃貸契約の内容を伝えておくとスムーズに事が運ぶのです。そうした後は現場まで業者の方が来てくれてそこで調査を行います。店舗の老朽化具合や間取り設備を確認して見積書を作ってくれるのです。見積書では細かく金額が書かれているため隅々まで見ておきましょう。その後計画内容を見つつ工事を行っていくのです。施工ができたらクリーニング業者や現状復帰会社が掃除をしてくれます。これらが一連の流れになるので業者とのやり取りをスムーズにするため確認するとよいです。

集合住宅

ペット

ペットを飼うことを許可している物件に住むことで、ペットによる損傷で原状復帰の費用を払う必要が無くなる可能性があります。入居する契約時にペットの損傷による特約をよく確認することで、原状復帰の費用を把握することができます。

部屋

部屋を綺麗に戻す

原状回復工事は業者によって価格などが異なってくるため、基本的にはオーナーが決めることになっています。賃貸マンションなどを借りていれば、原状回復工事の費用によっては退去時にお金がかかることもありますので覚えておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加