お世話になった部屋を引っ越す前に現状復帰の業者に依頼しよう

ペット

集合住宅

ペット可の物件

犬や猫などのペットを飼っている人にとって、退去するときの原状復帰は気になるところではないでしょうか。ペットが付けた汚れや傷によって原状復帰の費用がどれだけ発生するのか、飼い主の入居者にとっては大きな問題です。ペットによる物件の損傷は、ペットを許可している物件に住むことでなかったことにできる可能性があります。原状復帰では入居者の故意や不注意によって傷んだ個所を請求されることがあります。しかし一般的な利用では請求されません。ペットを許可している物件だと、ペットが付ける汚れや傷は一般的な利用としてみなされる可能性が非常に高いのです。入居するときにペットを飼っても良い物件に住むと、退去時に原状復帰費用が必要としない場合があるため人気があります。

どこまで許されるか

ペットを許可している賃貸物件がなぜ、退去時に原状復帰費用を必要としないかというと、それはもともとペットを室内で飼えるように部屋が作られているからなのです。そのため、ある程度の汚れや爪の引っかき傷などは、カバーすることができます。どうしても、原状復帰の必要があると判断した場合には、賃貸のオーナーが費用を負担することとなっています。しかし、ペット可賃貸であっても、中には退去時に原状復帰費用を請求される場合があるので、入居する際には、契約内容をしっかりと確認するようにして下さい。また、猫タワーや犬のゲージによる床の傷は、賃貸のオーナーが修理費用を支払うので、安心して使用することができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加