お世話になった部屋を引っ越す前に現状復帰の業者に依頼しよう

部屋を綺麗に戻す

部屋

退去時のコスト

原状回復工事は、部屋を出る時に行われるものです。退去時にお金を請求されることがありますが、その資金は原状回復工事に使われていることがほとんどです。原状回復工事にかかる費用は一般的にクリーニング費用が数万円と、その他の修繕費がかかることがあります。もちろんこの原状回復工事を行う業者は不動産オーナーが決めることが一般的で、費用は部屋を借りていたほうが負担します。マンションなどであれば事前に敷金などが必要になることが多く、敷金からほとんどの費用が使われることになります。それでも足りない場合には退去時に原状回復工事の費用として請求があるので、事前に退去時にはどのようなシステムになるのか確認しておきましょう。

工事費用のいろいろ

賃貸物件を借りる時に、気にしておかなければいけないのが原状回復工事を行う業者です。業者によって工事費用が大幅に変わってくるため、あまり高い工事費用がかかる業者を使っている物件では退去時にお金がかかるケースが多いからです。もちろん長く住めば多少は汚れや破損が出てくるものですが、どこまでを直して出ていくのかはオーナーの気持ちにもよります。工事費用がある程度安い物件なら退去時に敷金以上の資金を必要とすることも少なく、よほど通常の利用以上の範囲で汚していたと言うことがなければ問題はないでしょう。またこの原状回復工事はマンションなどの住居だけでなく、店舗やオフィスなどでも退去時に必要となってくる作業です。

このエントリーをはてなブックマークに追加